認定プロデューサー一覧

大島 久幸

プロフィール

1971年
三重県で3310g予定日より17日遅れ
(まだ出て来たくなかったと思う)の帝王切開で誕生

サッカー好きで勉強せず身体だけ成長しながら地元で育つ。

工業高校を卒業後、工場に就職

バブル崩壊で仕事量が減るなかフレックスタイム導入で
あてにしていた残業代が全く無くなり、給料が半減。

収入を上げたいと転職するも

『自分は仕事ができない』
『自分はダメだ』

と感じ職場のルールや見えない秩序に嫌気がさす事で、
その場から逃げたくなり転職を続ける。

小さい頃からの無知でワガママが大人になっても続き、
当時、関わった仕事関係・プライベートのでの友人・知人
との付き合いも自分勝手で心無い態度から繋がりも無くなり
独りとなる。

仕事も転々とした中、ひょんな事から名古屋に住む事となり、
仕事の関係で近くにあった大須商店街を散策するようになる。

仕事ではダブルワークで起業している人たちが同僚となり
少しずつ意識が変わってきたこともあり、

 本当の自分を知りたい。
 自分は本当に何がしたいのか。
 自分は何をすればいいのか。
 何をすべきなのか。

と思うようになる。

そこで偶然にも、

山下美樹先生の「自動書記」

と出会う。
自分を知りたい・癒したいと考えていたところの出会いで
偶然ではなく必然と感じるようになった。

自分には特別な物は何も持っていないが、
時間に縛られたくないし、仕事を転々とする度に、
その職場のルールや見えない秩序に疑問を持ち嫌気がさす。
それでも逃げ続けてきた自分が上に立ち何かをすすめるような
チカラや信用・人脈も無く情けないかぎり。

しかし、自動書記で昔から誰かのためにお手伝いする事、サポートする事は
好きだったことを、思い出すかのように気付く。

前世でも
 ヨーロッパのお城の執事的なおじいさん。
 ヨーロッパ地域に建物を残し喜ばれる建築家。
 アジアで薬草などで周りの人を元気にしていた漢方調剤師。
などが出てきた。

そういえば、サッカーでも、はじめはフォワードで点を取る
事が良かったが、徐々に中盤やディフェンス気味のポジションで
キラーパスやアシストをする事の方が好きになっていったし、
工業高校の部活ではチームのためにマネージャー的なこともしたな。。

そこで今の自分を受け容れてくれた大須に感謝し、
応援したいと何ができるか考えた。

自分で取下げない限り、絶版も無く、ずっと残り続ける、
インターネットの店舗で24時間営業、時差も関係ないため
世界中の人々に知ってもらえる。
このKindle出版で、勝手に応援したいと考えました。

そして、素晴らしいスキルやコンテンツをお持ちの起業家さまや
店舗さまのお悩みを電子書籍出版を通して解決のお手伝いも
できるのではと、出版プロデュースも仕事にしていく事としました。

著書

認定プロデューサー一覧

  1. 上原 将愛
  2. 野本 卓
  3. 土岐 ゆう子
  4. 菅間 大樹
  5. おがた まゆみ
  6. 大島 久幸
  7. 湯浅 朋子
  8. 髙橋 菜里
  9. ニシカワ ヒサコ
  10. 荒内 直美
  11. 鵜木 重幸
  12. 林正枝
  13. 和田徹
  14. 折原じゅんこ

    認定プロデューサー

  15. 高橋 琴

    認定プロデューサー

  16. 田村武晴

    認定プロデューサー

  17. 竹之内 こもも

    認定プロデューサー

  18. 間宮 千尋

    認定プロデューサー

  19. 岩垣 つる子

    認定プロデューサー

  20. そのがしら ひろのり

    認定プロデューサー

  21. 久林純子

    認定プロデューサー

  22. 水野 和代

    認定プロデューサー

  23. 尾方さやか

    認定プロデューサー

  24. 周藤縁

    認定プロデューサー

  25. 蔵本貴文

    認定プロデューサー

  26. 高田奈美

    認定プロデューサー

  27. 加藤 千草

    認定プロデューサー

  28. 三上さくら

    認定プロデューサー

  29. 山戸 浩介

    認定プロデューサー

  30. 冨樫利光

    認定プロデューサー

  31. 石井ふみ

    認定プロデューサー

  32. 垣内千恵

    認定プロデューサー

  33. 井田 綾

    認定プロデューサー

PAGE TOP